投句掲示板

1月の作品です

月半ばから、雪が頻繁に降り、大雪の日もありました。

今年は、いつもの冬らしく、しばれる日が続きました。

 

天候の影響からか、投句は、次の2点でした。

寒い中、ありがとうございました。

 

石灯篭 山茶花灯す 人の有り 時雨の後の 苔の庭先

灯火の 香りなつかし 土間のおく 桑に咲きけり 餅の花かな

                              読み人知らず 

 

 

 


11月の作品です

紅葉の間は短かったですが、もう初冬です。

 

投句は、一件だけです。

ありがとうございました。

 

松の木と もみじかなでる じじばんば

                    加藤 P

 

 

 


10月の作品です

秋らしさがないまま、紅葉が始まりました。

温暖化の影響か、季節の移り変わりがずれて

います。

 

たくさんの投句、ありがとうございました。

その中から、一句選ばさせていただきました。

 

手をにぎり 歩きし二人 民家園

                          澄子

 

 

 


9月の作品です

今月は、台風が頻繁に接近し、雨の日が多かったため、

来園される方も少なく、静かに過ぎました。

 

投句ありがとうございました。

 

民家の 腰深く曲げ 草刈女

               水野 滋子

 


8月の作品です

連日、厳しい暑さが続きましたが、後半、台風が去った後、

朝晩、少し風が冷たく感じるようになりました。

 

たくさんの投句、ありがとうございました。

その中から、一句選ばせていただきました。

 

亡き父の 故郷を忍ぶ 里の民家(みや)

                       鈴木 孝雄 

 

 

 

 


| 1/15PAGES | >>